良い大学をでて水道修理工などはできないだろう。

良い大学をでて水道修理工などはできないだろう。

「中東に行こう」というスローガンが、韓国で冗談めかし掲げられた。
国内の頭打ちの雇用だけでなく海外雇用へも目を向けようとのことだ。
日本と同じくハイスペックな学歴を持っていても、
雇用がないため就職が難しい就職氷河期を韓国も向かえている。
選ばなければ、どんな職でもつけるのは当然だが、
良い大学をでて水道修理工などはできないだろう。
高度成長期を過ぎ、国内の雇用がこれ以上の望めず、
海外に目を向けるのは必然ともいえるが、混乱極める中東とは、なんとも。
韓国の大統領が若い時代とは、韓国も中東も変わったということだ。

看板のデザインを依頼する

看板のデザインを依頼する

実家は商売をやっているのですが、
看板をリニューアルしたいと相談がありました。
オープン時に頼んだ会社は廃業していたそうで…。
で、私の知り合いにいればということでしたが、
とある中東問題の勉強会で知り合った方が
確か看板屋さんだったように思い、
名刺を探し出したらありました。
電話してみたら早速カタログを送ってくださり、
看板のデザインもすぐに決まったようです。
工事の手配も早くしてくださって助かりました。

昔はautocadで設計、今は本を眺め翻訳作業。

昔はautocadで設計、今は本を眺め翻訳作業。

先日知人と会ってきました。
その知人とは機械メーカー勤務で
autocadを使って部品や機械の設計を行っていたのですが、
中東問題をきっかけに、その文字の美しさに惹かれ
翻訳家へ転職したのです。
autocadを使っての精密な図面を眺める事から、
アラビア文字の流れるような美しい文字記号を眺めるということは
とても新鮮らしく、楽しそうに仕事をしているのが印象的でした。
そしてさらにソマリア語とクルド語を勉強中なんだそうです。

ウユニ塩湖のような心で。

ウユニ塩湖のような心で。

ISによるテロのニュースが、連日報道されています。
シリアをはじめ、紛争が絶えぬ状況下での精神は、
我々のような安全な暮らしをしている人とはかけ離れたものになります。
私たちは生活を保つため平穏を望みますが、
彼らは勝利を掴むためテロないしは攻撃的な活動を行います。
この二つはかけ離れている様ですが、
未来の為という概念では共通しています。
適材適所や朱に交わればともいいますが、
環境というものは恐ろしいものです。
ウユニ塩湖という場所があるのですが、雨が降ると天と地の境が消えます。
世界にこの風景がもっと多くあったら紛争はもっと減るでしょうか。

古物市場でのビジネス

古物市場でのビジネス

ブランド王ロイヤルの森田社長のブログ、みたことありますか?
あのリーゼントは一度見たら忘れられません(笑)。
とても個性的ではありますが、お店を経営するならあれくらい目立たないと
成功できないのかもしれませんね…。
時事ネタを絡めて金相場の動向に注目したり、
先日もシリアの情勢悪化と金相場についての
社長の考えがブログに書かれていました。
何気に参考にしていたりします。
古物市場だけでのビジネスではないことを教えてくれる
良いブログだと思います。